行政書士とWEBマーケティング 独自ドメインのメリット 

クリックが更新意欲になります。クリックお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ



先日、弊所で提供し、サイト運営を任せていただいている社長様からお礼の電話をいただきました。


サイトをオープンさせて、すでに半年以上になるのですが、このサイトからの先月の売上が月10万円を超えたそうです。


単価が安いためと競合が多い商品(ある自動車用品です)なので、売上金額はたいしたことありませんが、メーカー直送のため注文メールをさばくだけの手間しかかからない、集客コストがほとんどかからないため大変喜んでいただけています。

ほとんどボランティアなのでウチの売上には全く関係ないのですが、これで得た経験はそのまま業務にも役立っています。

今やネットで営業している行政書士は数多く、会社設立ができてネット集客が得意な行政書士など珍しくもなんともありませんが、起業と合わせてのご相談は日ごとに多くなってきています。


★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


そこで今日は、HP作成、ネット営業によくある質問を書いてみたいと思います。


最初は、独自ドメインのメリットです。

独自ドメインの1番のメリットは信用です。

独自ドメインというのは、○○.com、○○.netなどのように○○にサイト独自の表記ができます。


大企業のHPのアドレスを見ればわかりますが、当然独自ドメインを取得しています。

この独自ドメインですが、同じドメイン名で他の人が取得することはできません。

ドメインを取得するには、公的機関であるNIC(ネットワークインフォメーションセンター)にドメイン所有者の情報が登録されるため、会社名や屋号で独自ドメインをもつということは信頼性があるということにもなります。

また短くて覚えやすいアドレスにできる、メールアドレスを複数もつことができるなどもメリットでしょう。


行政書士が自力でニッチな業務を開拓し、毎月50万円以上稼ぎ続ける方法を公開します。



さらにSEO(検索エンジン対策)にも効果があります。


ドメインはその取得されたときから、長ければ長いほど検索エンジンに対して評価が上がります。

YSTは、特にこの古いドメインが有効なようです。


つまり一度手に入れた、自分や自社のドメインというのは、資産のようなものといえると思います。






時々、無料HPスペースやプロバイダのサービスを使い、事務所サイトを運営されている同業者の先生も見受けられますが、せっかくSEOを施し、相互リンクを増やし、上位表示させたにもかかわらず、何らかの理由でサービスの提供が終わったり、変更があった場合、また振り出しに戻ってしまいます。



以前にも書きましたが、私の後輩は1日数百アクセス以上あったHPが無料スペースであったため、運営会社のサービス提供終了により、それまでの努力がパーになってしまいました。


商用ではないので大きな実害はありませんでしたが・・・。


独自ドメインは、最近では年1,000円以下でもつことができます。

バリュードメインなどが有名ですが、NICに情報が登録され、個人情報が表示されることが嫌な場合は、ムームードメインなど、レンタルサーバー業者の名義で登録できる所がオススメです。







次回はサイトを生かすブログの書き方について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

テーマ : インターネットビジネス
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
13位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax