行政書士開業 業務を憶えるのが先か?集客が先か?

行政書士で開業して一番頭を悩ますのが、どうやって業務を憶えるかです。

残念ながら行政書士試験は他の士業の試験と違い、試験と実務がかけはなれており行政書士試験のための受験勉強が開業後にほとんど役にたちません。

ではどうするか。

私の場合は実際に仕事の依頼を受けながら勉強していきました。

行政書士実務講座などの受講も考えましたが、結局実戦で憶えるのが一番早いです。

最初はメチャクチャ不安です。

仕事は欲しいが依頼があったらどうしよう。

電話に怯え依頼の電話じゃないとわかるとなぜかホッとしたりしました。


初めての依頼は電話で開業後1か月ほどしてからでした。

多少の予備知識は本で読んでいましたが、ドキドキものです。

カレンダーを見ながら訪問の約束をとりつけようと思ったとき咄嗟に閃いたのが丸1日おいてアポイントをとることでした。

これは1日置くことで業務の知識を万全にしておこうと考えたからなんです。

次の日、大型書店に走り片っ端からその業務の本を買いあさり、依頼内容から考えつく質問への受け答えを想定しお客さんとお会いしました。

結果、その案件は正式にご依頼いただき無事完了させることができました。

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
14位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax