FC2ブログ

個人事業の年収1000万

前回の続きです。


今回は個人事業の年収1000万円です。


個人事業の年収1000万円というと年商(売上高)なのか年収(売上から経費を抜いた所得額)なのかで大きく異なります。



テレビなどで漁師の方や農業の方の年収が高いなんて取り上げられたりするときは、わざと大げさに年収2000万円、3000万円中には1億円なんてやってますが、そのほとんどは年商であって年収(所得額)ではないでしょう。(しかも世帯収入だったり)



行政書士という仕事はほとんど経費がかかりません。



自宅事務所で自家用車を仕事に使えばかかる経費は通信代と交通費くらいでしょう。



そうすると私たちのほとんどは年商=年収に近くなっていきます。


なので自分は年収1000万だと豪語してても、それが年商なら自宅事務所でほとんど経費をかけずにやってるのか、事務所を借りて人を雇っているのかなどで実際手元に残るお金は大きく変わってきます。


まあ、一般的には行政書士で年収1000万円といえば年商1000万円でしょう。


で、年商1000万円なら1人事務所ではほぼありえません。


すると事務所を借り、人を雇い経費を払うと所得額は800万くらいでしょうか。



さて、ここで手取り額が800万とお思いでしょうが、そうはいきません。


所得がこれくらいになると市県民税や所得税、健康保険料なんかもグーンと上がります。


また年商1000万円なら当然消費税も支払わなければならないし、事業所得の額によっては事業税も支払い義務が出てくるでしょう。


そして手元に残る額を見てあなたは愕然とするでしょう。


つまり行政書士の年収1000万円(年商)はけっこう悲惨なんですww




★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)




↓クリックお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ





行政書士 ブログランキングへ










スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
12位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax