行政書士業界はゆるゆる

先日、ある申請をお願いするため、県外の行政書士をさがしていました。



まずはネットで検索。



心理はお客さんと同じで「地域名+行政書士+業務名」でさがします。



しかし見つからない。



驚いたことに「地域名(□□県○○市)+行政書士」で検索しても2、3人しか出てきません。



「この地域に行政書士はいないの?」



仕方がないので連合会のホームページから地域検索し、出てきた支部名簿40人ほどのお名前で検索。



しかし出てこない。



なんと9割以上が事務所のホームページすらもっていないようなんです。



なんとまあ、のどかな。



ようやくたどりついたある方のホームページ。



しかし、土曜日の夕方だからなのか出ない。



仕方ないので次に。




しかし、このホームページは顔写真も載ってないし、報酬額も書いてない。



さらにプロフィールも載ってないので年齢もよくわかりません。



そして電話に出たのは初老(?)の男性。




こちらが申請の代行をお願いしているのに、意味がわからないのか「ああ、ああ」を繰り返すばかり。



結局、ウチはそういうのやらないんでと電話を切られる始末。




こんな地域ならきちんとしたホームページをもった行政書士なら、あっという間に地域1番になれるんじゃない?



ちなみにこの地域。



現在、大きな開発が進んでいて県外からの建設業者、運送業者がたくさん入り込んでいて、ウチもけっこう、この地域の許認可の依頼を受けてます。



絶対、仕事はあるはずなんだけどなあ。



平日の昼間に留守電。


携帯にも出ない。


□□県○○市の行政書士の方はやる気あるんでしょうか?



この後、ようやくこの地域のお一人の行政書士と電話でお話しする機会があったんですが、開業者のほとんどが定年退職組。



依頼は、数人の若手の方に仕事が集中してるそうで、手一杯。



何もしなくても仕事があるのでホームページの必要性も感じないとか。



行政書士業界って、まだまだゆるゆるなんですねえ。




★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)



↓クリックお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ





行政書士 ブログランキングへ

スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
21位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax