無料相談をやめました

行政書士のホームページを見ると「無料相談」「お気軽に」という文字がところどころに書いてあります。


ウチもずっとそうでした。


開業したばかりのころ、何も知らない私は、まずは無料相談、そして依頼に結び付くと考えていました。


でも現実はけっこう違うんですよね。



無料なんだから上手いこと利用してやれという方が少なくないんです。



開業されている方なら、みなさんご経験がありますよね。


「書類を自分でつくってみた。間違ってないか見てほしい」


「申請書がダウンロードできるページを教えてほしい」


中には、まるで顧問契約でもしたかのように、毎回、理事会の報告をしてきて「何か問題点はありませんか?」とたびたびメールしてくる地方公共団体さんまでも。


私たちの無料相談というのは、言ってみればスーパーの試食品のようなものです。


まずは食べてみてお口に合うかどうかご判断ください。


今日の献立に合うかどうぞ食べてみてください。


今日の夕飯には、間に合いませんが、一度食べてみて、よろしければ次回はぜひお願いします。



それが私たちの無料相談です。


お金が無いから、自分で手続きする方のためにあるものではありません。



中にはボランティア精神で行政書士をやっている方もいらっしゃるかもしれません。



タダなんだから教えてくれてもいいじゃないかという声もあるかもしれません。


しかし、私たちはその知識を得るために書籍を購入し、研修に出て、実績を積んでいるわけで見えない経費をかけているのです。



そして、営業時間中、忙しい中、手をとめて電話やメールの応対をしていれば、その分の時間ももちろんお金です。


私たちは友達や知り合いではないんです。


お客さんでもない相談者の方に「お久しぶりです。お元気ですか?」と言われる筋合いはありません。



以前からずっと考えてはいたのですが、今後ホームページや広告から無料相談という文言を完全に無くすことにしました。





↓今回も愚痴っぽかったですか?
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ







行政書士 ブログランキングへ













スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
11位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax