行政書士のホームページ集客の仕方

2月になりました。


今年から新たにスタッフをもう一人増やし、4人体制になりました。


その4人が毎日フル稼働でも大忙し。


そんなウチの事務所を見て、開業1、2年目の方に決まっていただく質問が「どうやって仕事をとるのですか?」です。


行政書士の仕事は、仕事から生まれてきます。


来る仕事、来る仕事をきちんと誠実にこなしていれば仕事は増えてきます。


開業1年も経てば自然とそうなるでしょう。


ウチも新規の仕事の大半は、お客さんからの紹介です。


しかし、開業したての行政書士には、その元になるお客さんがないのですから、紹介してくれる人が全くいない→仕事が無い→実務ができない→スキルが上がらない→いつまで経っても仕事を紹介してもらえないというスパイラルに陥ってしまいます。



ではどうするか。


今や行政書士のホームページ集客は常識です。


新人さんにも作成したホームページを見てほしいともよく言われますが、これだけ情報があふれてて、なぜ今どきそんなホームページをつくってんの?という方が大半です。




行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方







話が少しそれますが、ある格安会社設立サイトを見た先輩行政書士が言いました。



このサイトを運営している事務所は月に100件以上、会社設立を受任してます。



「会社設立9,800円なら簡単に仕事とれるよね」


私は、やってみたら?と言いました。


彼が9800円で会社設立を始めても、おそらく月10件も依頼をとることはできないでしょう。


なぜか?


彼はWEB集客のことが全くわかってないからです。


たとえ9800円の価格設定で会社設立サイトを作成してもSEOもせず、広告も打たず、宣伝をしなければ依頼はきません。


彼は、その格安会社設立サイトのうわべだけを見て、9800円という価格だけで依頼があると思っているのです。



彼はそのサイトに隠されたたくさんの秘密がわかっていません。


膨大な数のページ数、豊富なコンテンツ、きれいなHTMLソース、良サイトからのバックリンク、IPを分散させた豊富なサテライトサイト。


これらは、ツールを使い、ソースを調べれば、ある程度のことはわかりますが、おそらくそれ以外にも様々な工夫があるのでしょう。


当然、サイトの運営費も相当かかっていると思われます。


ホームページは、たしかに最高の集客ツールです。


しかし、ただ作って公開しただけで依頼が来るほど簡単なものではありません。


続きます。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ


スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
17位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax