行政書士開業までの流れ 事務所について

行政書士開業までの流れ、前回からの続きです。



行政書士として開業するには、行政書士登録をしなければならず、行政書士登録をするには必ず事務所が必要です。




そのため開業当初は自宅を事務所として登録する場合が多いのですが、一戸建てで自己物件なら何も問題ありません。




問題はマンションなどの場合です。




マンションの場合、自己物件だとしても管理組合などの規定で、事業用として使用が禁じられてる場合があります。




また賃貸物件の場合、今まで自宅として使用していただけだと住居用として借りている場合が多いです。




この場合、そのままでは事務所として使用できません。




通常、どこの県の会でも同じだと思いますが、行政書士登録をする際、事務所の物件に対する使用承諾書が必要です。




したがって大家さんや管理会社に内緒で事務所として使用をするのは難しいです。



また当然、賃貸借契約の違反になりますので、最悪の場合、事務所として使用を禁じられるのはもちろん、退去を要求されるかもしれません。





行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方


★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)




さて、自宅が賃貸で大家さんの使用許可が頂けず、かといって一般的な事務所を借りる余裕もない。



この場合、どうしたらいいでしょうか?


1.レンタルオフィスなどを利用する

立地、スペースなどで料金は様々ですが、月々数万円程度で借りられ、もちろん事務所として行政書士登録も可能です。

私の周りにも開業時、数人このような先生がいました。


2.どこかの事務所を間借りする

知り合いのお店、他士業などどこか事務所の1角を借りられないか探してみましょう。


案外、家賃の一部を負担をしてもらえるならと快く貸してくれる場合もあります。


税理士事務所や弁護士事務所などで借りられると、業務のうえでもいいですね。






次回は、行政書士開業の資金について書いていってみたいと思います。








にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ













スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
21位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax