行政書士で年収1000万円は可能?

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


今回は、新春一発目にふさわしい(?)行政書士開業ネタを書いてみたいと思います。



行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方


★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


誰も教えてくれなかったノウハウがここに集結、行政書士開業資料集. 行政書士開業セット







行政書士で年収1000万円というのは、何かと話題になりますが、はたしてこれは可能でしょうか?



私は、行政書士で年収1000万円は、現在ではなかなか難しいと思ってます。




よく行政書士で開業したら3年は我慢と言いますが、概ねそのとおりで、行政書士で開業し普通にやっていたら売上1000万円が見えてくるまでそのくらいはかかるでしょう。



そして開業2、3年目で売り上げを1000万円にしたとしても1000万の売り上げはあくまで売り上げであって、1年で1000万円の仕事を一人でこなし入金額を1000万円にするのはかなりしんどいです。






労働集約型の私達の仕事は、売上を2倍にしようと思うと2倍働かなくてはいけません。



したがって売り上げが1000万円に近づくと結局人を雇う必要があり、人件費、経費もそれに伴って増えてきます。



一昔前、行政書士のネット営業が出始めた頃は、会社設立が1件10万円以上でした。


この頃は報酬単価も高く、また会社設立だけなら1ヶ月に10件近く処理することも可能で当時の先生たちは、年収で1000万円は簡単に稼いだのではないでしょうか。



もちろん行政書士で年収1000万円が不可能といっているわけではありません。



報酬単価の高い業務を扱い、一人でも年収1000万円を目指すか、単価が安くとも多くの仕事を受け人を雇い年収1000万円を目指すか、ここらあたりが行政書士で年収1000万円が難しいと言われる理由ではないでしょうか。





知り合いの弁護士事務所の最低報酬は5万円、最高額は数100万円だそうです。
                 ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ





行政書士 ブログランキングへ



士業WEB集客 これだけは今すぐ対策を!クライアント獲得・信頼獲得を自動化し、行列のできるホームページに変える!士業のためのWEB戦略 7ステップ



士業のための顧客獲得力養成講座【 弁護士・税理士・行政書士・社会保険労務士・司法書士・不動産鑑定士・弁理士が新規顧客開拓・集客するための方法】オンライン動画版

スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
12位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax