行政書士で開業 何の業務を選ぶ? その2

3月は、忙しいですね。




ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。



年度末だからでしょうか?




行政書士の仕事ってあまり季節変動がないようであるんですね。






仕事の息抜きにちょっと更新。




行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方





前回の続きで私が営業し、実際にやってみた業務の感想です。




■ 建設業許可
長所:行政書士業務の王道。やらない同業者がほとんどいないくらいポピュラーな業務。
そのためマニュアルも多く存在し、扱ってる先輩行政書士も多く勉強しやすい業務。
報酬単価も高く更新や事業年度終了届など継続性もある業務。マーケットも大きく月1、2件くらいは新規の依頼が望める。


短所:資格要件が厳しく、相談イコール依頼にならないことも多い。
手間も時間もかかる業務で何件やっても?と思うことも。
案件によって難易度に大きく差があり、ときには胃が痛くなるようなことも。
当然ライバルは多く、価格競争も激しい。新規60,000円台なんてのもネットではちらほら。




■ 車庫証明
長所:業務はちょー簡単。単なるお使いなんで他の業務に比べ、ストレスが少ない。大手ディーラーなどが顧客になれば定期的に大きな収入にも。アルバイトやパート従業員でも可能な仕事なのでルーチン化しやすい。
ほぼこれだけで運営してる大きな事務所も存在する。


短所:単価が安いためまとまった件数をこなす必要があり、個人事務所だとワーキングプアになりかねない。
価格競争も厳しく、1台あたりの単価は2,000円なんて同業者も。
電子申請(0SS)の普及により、今後市場はどんどん縮小していくと思われる?すでに都心の車庫証明専門の事務所は厳しいらしい。またどれだけ経験をこなしてもたいしたスキルが身につかない。





■ 産業廃棄物収集運搬業許可
長所:行政書士のポピュラーな業務。
マニュアルも多く、取り組みやすい業務。
報酬単価も高い。

短所:問合わせの割に依頼に至る案件が少ない(ような気がする)
自分で手続きする方が少なくないのが原因?
申請窓口には、行政書士少ないし。
ネットでは、価格破壊が起こっていて5万円台が一般的に。





■ 古物商許可
長所:これも行政書士のポピュラーな業務。
許可といってもほとんど届出に近く、手続きは簡単。
許可要件も特に無く、ほぼ確実に取得できる。
収集運搬や会社設立などと同時依頼も多い。


短所:簡単すぎてほとんどの人が自分で手続きするため報酬も安く、単独の依頼だとちょっと。
継続性も無く、とてもじゃないけど事務所売上の柱にするのはムリ。
たまのお小遣い稼ぎかな。






次回はちょっとニッチな業務を書いてみたいと思います。





行政書士開業の参考になりますか?
      ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ




★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


誰も教えてくれなかったノウハウがここに集結、行政書士開業資料集. 行政書士開業セット




スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
13位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax