○○な税理士さん

先日、介護事業開業の相談のご依頼をいただきました。




社会保険関係のお話も一緒に聞きたいということでしたので、いつもの提携社労士さんに同席いただけるようお願い致しました。




そしていらっしゃったお客様。





すでに他の事業もやっていらっしゃるとのことで会計や社会保険のことなど詳しいご様子。






やっぱり事業やってるからかなあ?なんて思っていました。





そしてひととおりお話が終わり、最後にその方が一言。





「実は、僕税理士なんです。」







え?はあ?





「周りに相談できる行政書士や社労士がいなくて相談させていただきました」





はああああああ???




もちろん手続きを依頼するつもりなんてありません。




また悪びれる様子もありません。




う~ん、どうなんでしょうか、これ。




どうも有難うございましたって・・・。





行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方



年商3000万円へのファーストステップ行政書士開業マニュアル







最初から税理士だって打ち明けてるならまだしも、最後までお客のフリをする。




自分も士業ならこれがどういうことなのかわかりそうなもんですが。





ちょっと信じられない出来事でした。





相談料を請求するべきですか?
      ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ






スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
11位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax