行政書士は開業3年は食えない?

先日、本会の総会に出席してきました。




その後の懇親会で支部の年配の先生が、私を見ていきなり話かけてきました。





「あんた、知ってるよ。」





(ー_ー#)ムッ





(何?この失礼なおっさんは?)






「支部長に聞いたんだけど、あんた行政書士専業で事務所まで借りてスタッフも雇ってるんだって? ほんとに食えてるの?」





「ハァ、まあ」





「でも普通は行政書士では食えないよねえ? あんた、何? どっかでやってたの?」





「いえ、全く何の経験もありませんでしたけど」





「ああ、そう。じゃあ、よほど能力があるか運がいいんだねえ。まだ若いし。」





(^--^#)ムム (肩に手をおくなっつうの)




行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方


★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


誰も教えてくれなかったノウハウがここに集結、行政書士開業資料集. 行政書士開業セット




このあと、この方の延々と続くお話をまとめると、






元々、ある一流企業に勤めて部長職まで経験したこの方、一念発起して行政書士資格を取得。

定年を機に、昨年開業したそうです。





住宅ローンも完済、子供も独立し悠々自適の生活の今だからこそなんとかやっていけるのであって
行政書士は食えない資格だと熱く(?)語っていらっしゃいました。





というわけでこの方は、開業1年にもなるというのに未だ食べられるほど稼いでいないそうで。


本人いわく「この1年間で種まきをしたので3年以内に軌道にのせる」そうな。




(なんと遠大な計画)




こういう方、時々見かけますね。






大企業の管理職として歯車の一部となってやってきたにすぎないのに、自分では仕事ができる人間だと信じて疑わない。






開業本や行政書士で成功している人を特別な人と決めつけ、夢の話だと。






だから食えないのは自分のせいではなく、行政書士という資格であると。





労働集約型である行政書士はたしかに短期間で大儲けすることは難しいかもしれません。




しかし、小資本、少リスクで始められる仕事では、他の事業よりはずっと簡単に稼ぐことができると思います。




少なくとも食べることができないなんてことは絶対にありません。





食べられないのは行政書士ではなく自分自身の経営能力が原因であると気づかなければ、いつまで経っても行政書士で食べていくことはできないのではないでしょうか。




懇親会場の食事をモリモリ食べながら、最後にこの方がおっしゃいました。





「ま、せいぜい頑張ってよ」




って



__ __ ( ^д^)<アンタが言うなっ!




にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ


スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
21位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax