異業種交流会のお話2

前回の続きです。



○○○かあ。


実は以前私も参加したことのある会です。


交流会といえば夜、しかもお酒を飲みながらなんていうのが一般的です。


その会は朝早くから集まって朝食をとりながらビジネスの話をするというものです。



私の場合も知り合いの紹介でした。


1つのグループに1つの業種というのがルールらしく、私は行政書士として入会を勧められました。


「先生、知ってるんですか?」


「ええ、知ってますよ。すでに何度か誘われてますから」


「え?」


「あまり記憶がないんですが、私が当初聞いた話では1つのグループに1つの業種しか入会できない。だからメンバーが増えると入会できないので今、入会しないともうチャンスがないというお話でした」


「はあ」



「でも実際は次々とグループが出来上がり、今はこの地域だけで複数のグループがあり実際はいつでも入会できるような状態なんですよね」



「そうなんですか」



「しかもグループはどんどん増える様子で、私もどこかの立ち上げがあるたびにお誘いがあります。」




「ということは先生はまだ入会されていないんですか?」


「ええ」


「どうしてですか?」



「う~ん。私も何か違和感というか感じたんですよね」

「そもそも何をやっているのかがいまひとつわかりません。そのわりに入会金や会費が高額で、しかも入会時に全額払い、さらに途中で退会してもその費用は一切戻ってこないそうです」



「そうです。私もそう言われました。」


「会にかかる経費をみんなで負担するというのは当然のことだと思います。しかし参加していないのに経費を払っている人がいるのならその会費はどこに行くんでしょうか?また出席に関してやたら厳しく欠席が続くと強制退会となるらしいです」



「そうです、そうです。でも朝食代はその都度支払うんですよね」




行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方


★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


誰も教えてくれなかったノウハウがここに集結、行政書士開業資料集. 行政書士開業セット


年商3000万円へのファーストステップ行政書士開業マニュアル

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ


スポンサードリンク

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
8位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax