行政書士開業資金は日本政策金融公庫(国民生活金融公庫)で借りよう

さて、行政書士で開業するにあたってまず必要なのは開業資金です。

私の例でいうと開業資金だけで100万、開業後のもろもろ(運転資金も含め)で50万~100万ほどかかりました。

私は運良く開業2か月目から売上を上げることができたので、なんとかこの程度で済んでますが、仮に数か月売上がなかったことを考えると300万以上は必要かもしれません。

ちなみに私は自宅のマンションで開業しています。

外に事務所を借りるなら、最低あと100万は必要です。

では普通に考えて150万~300万くらい必要な開業資金はどうしたらいいでしょう。

私のおススメは日本政策金融公庫、いわゆる国金です。

日本政策金融公庫には新創業融資制度というものがあり、新たに事業を始めるための融資制度です。

私は自己資金100万、日本政策金融公庫で100万融資を受け開業資金にしました。

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
14位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax