行政書士実務講座 会社設立編その11

夏がく~れば 思い出す♪




私が開業して間もなくの頃、隣の支部の先輩から突然電話がありました。




行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方


★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)




なんだろ?と思ってると



開業したばかりの先生に領収書や請求書などのひな形を販売してるから買わないかという話。




(ー△ー;)エッ、マジ?!!!



何ですかそれ?










ちなみにいくらですか?



と聞くと数万円とのこと。




| `Д´|ノД´|ノД´|ノД´|ノД´|ノД´|ノゴルァアアアアアア!!




開業数年でひとまわりも年上の先輩が後輩にそんなもん数万円で買えなんて恥ずかしくないんかぁぁ!(心の声)


だいいち平日の真昼間にこんな電話してるヒマがあるんなら仕事して稼げえぇぇぇ!(これも心の声)





一応、先輩なので丁重にお断りしました。








電話を置いた後、自分が目指した行政書士ってこんなもの?とちょっと悲しくなりました。




(-_-)ノシ・・・ハァ・・・






ま、\(・_\)それは(/_・) /おいといて




前回からの続きです。




さあ定款認証が完了したら、資本金の払い込みです。




これは当然お客様にやっていただきます。








定款の認証が終わったことをお客さんに連絡し、払い込み方法をお伝えします。




資本金の払い込み方法は次のようになります。




発起人の代表の通帳を用意します。(通常は代表取締役になる方)



その口座に代表者自身、他の発起人から事前に決めた資本金額を振込します。



特定の日に資本金が振り込まれたという事実が必要なので、代表者の方も仮に通帳に資本金額がもともとあったとしても他の通帳から振り込んでいただくか、一旦出金し、もう一度入金していただきます。




なお会社設立の実務の本などには、代表者自身も名前を表示させるため必ず振込でなんて書いてありますが、いくつかの法務局に聞いたところ、発起人本人は預け入れでいいそうです。



また発起人が数人いる場合、振込される日はそれぞれバラバラの日でも大丈夫です。




これらは実務本にはあまり書いてありませんね。




\_(´∀`★)ハイ ココテストニデマスヨー




会社設立も何十件も扱うといろんな疑問が出てきます。




やった方しかわからないことってたくさんありますね。



やっぱり何でも実戦です!



次回に続きます。



にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ


テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
21位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax