特定行政書士の案内が届きました(笑)

昨日、このブログに書いた特定行政書士研修の案内が今朝、日行連から届きました。



「重要なお知らせ」と書かれて。


このブログは匿名なんで、昨日の記事だけ読んだ方は、こいつ案内届いてないのか?ほんとに行政書士なのかと思われてしまうかもしれませんので、一応更新しときます。(ゝω・)テヘペロ







にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ





う~ん、でも思ったとおりですね。


案内のトップのコピーが「見逃していませんか?」で、この案内の内容は日本行政5月号の抜粋だそう。


で、さらに「申込期間延長します」って。


あんまり集まってないんでしょうか。


どことなく必死感が伝わってきますね。


不服申し立ての手続き例なんかも書いてありますが、建設業許可で経管の常勤性に疑義があるとしたら、不許可になる以前に、そもそも申請書類を受理してもらえないんじゃないかと思いますが。





行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方













テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

特定行政書士って??

ウチの事務所にいるスタッフの一人は、行政書士登録をしてます。


所謂、勤務行政書士です。


「先生。私、特定行政書士とってみようかな?」


「何それ?」


知りませんでしたのでちょっと調べてみました。


特定行政書士というのは、行政書士が申請者の代理人となって許認可の結果について、行政と争うことができるのだそうです。


「あのねSちゃん(スタッフのコ)、建設業とか収運とか不許可になる場合ってどんなときだと思う? 書類に不備があったり、要件が整ってなかったりしたら、そもそも受理してもらえないよね? たまたま受理されたうえで不許可になるなんてことがどれだけの件数あると思う? 仮に不許可になることがあるとしたら、それはお客さんが欠格事由に該当することを隠していたとかくらいだよね?  で、それを争うことって無くない?」






にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ



ちなみにこの特定行政書士をとるには、講座を受講しなくてはいけないみたいで10万ほど費用がかかるそうです。


建設業でも風営でも書類に不備があったり、添付書類が不足していれば、窓口は原則として受理してくれません。


万が一、間違って受理されても、後で連絡があり、あらためて修正した書類を求められ、有無を言わさず不許可になることなんてまずありません。


どう考えても仕事があるとは思えませんが、同業者との飲み会でネタくらいになるのかな?


行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方













テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
11位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax