行政書士実務講座 会社設立編その12

行政書士実務講座 会社設立編の続きです。




前回は、(ー`´ー)うーん 




(。-`ω-)ンー 





(・∩・)?アレ??≡3





(`・ω・´)!!







そうそう資本金の払い込みからでした。


行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方


★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)


誰も教えてくれなかったノウハウがここに集結、行政書士開業資料集. 行政書士開業セット




さて資本金の払い込みが完了したら大詰め、登記申請です。


ウチは、登記申請は提携している司法書士に任せています。



ですから、ここまできたら、あとは登記申請書類にお客さんの印鑑をいただくだけです。



あっ、その前に払い込み証明書の作成方法を。



お客さんに資本金の払い込みをしていただいたら、登記申請に必要な払い込み証明書を作成します。




示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!






払い込み証明書のひな形は次のようになります。

*****************************************************************************


                払込証明書

当会社の設立時発行株式については以下のとおり、全額の払込みがあったことを証明します。

設立時発行株式数 200株

払込みを受けた金額 金200万円

1株の払込金額 金1万円


平成23年7月15日


(本店)○○県○○市○○町○○丁目○○番地

(商号)株式会社○○○建設

設立時代表取締役 行政花子  印

**************************************************************************


これが表紙になります。




年商3000万円へのファーストステップ行政書士開業マニュアル

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ



続きます。

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

行政書士実務講座 会社設立編その9

行政書士実務講座 会社設立編その9です。


簡単に思える株式会社設立も、こうして書いてみると意外と内容てんこもりですね。



しかも書ききれないこともたくさんあります。



パート2、パート3までいってしまいそうな。




ランキング次第で続くかも
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ








さてオンラインの認証手続きが終わったら、公証役場に定款の受取に行きます。



n(ー_ー?)ン?



オンラインで認証手続きをしたのに公証役場へ行くんですか?



そうですね。




電子認証をやったことがない開業前の方はそう思うかもしれません。




そうなんです。



オンラインで認証手続きをしても受取には本人(この場合、委任を受けた行政書士)が行かなくてはいけません。




ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン!





じゃあ、オンラインの意味ないじゃん。



そのとーり。




紙ペースで認証手続きをしても、電子申請しても結局公証役場に行くんです。




なんだかあほらしいなあと思いつつも、紙ベースの場合貼らなくてはいけない印紙代が節約できますから、電子で行うんです。




| `Д´|ノД´|ノД´|ノД´|ノД´|ノД´|ノゴルァアアアアアア!!


どこが電子申請やねん。





公証役場へ行く際は、次のものを持って行きます。


熱いハート ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!



定款のコピー・・・必要な部数分 普通は登記申請用とお客さんに渡す分の2通

委任状&定款・・・お客さんの押印済みで綴じたもの 公証役場に提出し、保管されます。

印鑑・・・代理人である自分の認印です ※職印じゃありません

お金・・・定款認証手数料5万円と交付手数料(定款のページ数によって違います)2,000円くらい

印鑑証明書・・・発起人のもので原本 発行日から3カ月以内のもの

CD・・・電子データの格納用です。空のものを持参します。




以上ですが、公証役場によっては定款のコピーはいらない場合もあります。

(公証役場で刷ってくれるところがあります)


また初めて行く場合、行政書士の身分証(行政書士証票)を見せてほしいというところもありますので、それぞれの公証役場で確認してください。




次回は、初めての公証役場です。



ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク



年商3000万円へのファーストステップ行政書士開業マニュアル

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ


示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

行政書士実務講座 会社設立編その8

これから開業される方で全く実務経験が無い方は本当に不安だと思います。



私もそうでした。



全ての業務は一から、しかもコネも何もありませんからお客さんは紹介などではなく、新規のお客さんばかりで失敗は許されません。



同業者に知り合いもいなく気軽に相談できる人も皆無でした。






今さらながらよくやってこれたなあと思います。(ー。-;) しみじみ






でもどんな業務も一番大変なのは最初の1回です。





最初の1回を頑張ってクリアすれば、その後はなんとかなります。



このブログがはじめての会社設立のちょっとした手助けになれば嬉しいです。



(★uдu)σ||ガンバリマス+.☆゚+.☆゚||



★行政書士開業革命★Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)

行政書士業務のライバルの少ない仕事の見つけ方




指定する公証人が確認できたらオンライン申請手続きです。




電子定款の作成方法についてはとてもここに書ききれませんので、マニュアルなどを見てください。




マニュアルは日本行政書士会連合会のHPで無料配布されてます。



ここからダウンロードできます。(PDFファイル)
電子定款作成代理|日本行政書士会連合会





市販のどんな書籍よりもこのマニュアルが一番わかりやすいと思います。

(しかもタダ)





電子署名、電子定款、オンライン送信というと何か緊張しますが、慣れてしまえばどうってことないです。





最初は間違えたらどうしようなんてドキドキしながらクリックしたもんですが、大丈夫。





電子送信といってもFAXで送るようなもんです。










私も最初はいろいろ間違えましたが、公証役場から優しく「間違えてますよ~」って電話がかかってくるくらいです。


あまり緊張せずど~んと構えてどんどん間違えましょう。


(・_・)......ン?




年商3000万円へのファーストステップ行政書士開業マニュアル



次回に続きます。



にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ


示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇交通事故専門行政書士への電話相談付き!

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

行政書士実務講座 会社設立編その7

行政書士実務講座も7回目になりました。



最近、私のことをリアルで知っている方もこのブログを読んでくださっているらしく、行政書士ブログランキング1位になったときはおめでとうメールまでいただいちゃいました

マヂウレ━━(*´∀`*b)━━シィ!!!!



以前勤めていた会社の先輩まで読んでくれてるそうです。



先輩見てる~ イョ━(´・ω・`)ノ━ゥ!!



ポカッ (._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ 私信はやめぃ








\(^∀\)その話しは(/∀^)/置いといて


では続きをどうぞ。







完成した定款及び委任状にお客様から押印をいただいたらいよいよ認証手続きです。



…o(;-_-;)oドキドキ♪


先に公証役場の事前チェックを受けた際に、おそらく公証人の指定を受けていると思いますが、もしこの時点で指定を受けていなければ、誰を指定するのか公証役場に連絡し確認しておきます。


なぜか?


オンラインで認証手続きを行う場合、どこの公証役場でどの公証人に申請をするのか入力する画面があります。


大きな公証役場だと公証人が数人いて曜日ごとに交代制になっている場合などもあります。


自分が受取に行く日時と合わせ公証人を指定する場合もありますので、確認しておくとよいと思います。



実は、公証人ってたまに出張してるときもあるんですよ。



ヾ(¬。¬ ) ここだけの話




公証人が出張!?




なんで?!




開業者で頻繁に公証役場に行ってる方はご存知ですよね。





開業予定の方は、初めての依頼のときにでも聞いてみてください!


( ̄m ̄* )ムフッ♪.








次回に続きます。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ


テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

行政書士実務講座 会社設立編その6

前回、定款への押印の記事を書きましたが、その前の手順が一つ抜けていました。


実務経験がある方は「ん?」と思われたでしょうね。


失礼致しました。



m(__)m ペコペコ




というわけで少し前後しますが、遡って追記します。


前々回の記事と想定して読んでください。









定款の原案が作成できたら公証役場の事前チェックを行います。


公証役場は、設立する会社の本店所在地のある県内であればどこでもOKです。


自分の事務所の近くの公証役場を調べてみてください。



全国公証役場所在地一覧



手続きを行う公証役場を決めたら、電話連絡し電子定款認証をしたいので定款の事前チェックを行いたい旨を伝えます。




公証役場というととても厳格そうな場所で、初めて公証役場へ連絡する方は、緊張するかもしれません。



しかしご心配なく。



公証役場ってとっても親切です。








開業者の方はみんな知ってますが、公証人って税法上は個人事業主なんですね。



公証役場っていうのは何人かの公証人(個人事業主)が集まって運営しているわけです。


(地方だと夫婦でやっているなんてところもあるとか)





ですから依頼者っていうのは彼らからみるとお客様なわけで、一般の役所とはちょっと違います。




安心して堂々と連絡しましょう。


>( ̄^ ̄)< フフーン  ヾ(--;)ぉぃぉぃ いばらなくても









公証役場の手続きは地域によって少しづつ違いますが、事前チェックは通常FAXで原案を送って内容を確認してもらいます。



比較的大きな都市の公証役場なら、公証人も慣れてますので、株式会社で通常半日くらい、一般社団法人、一般財団法人だと2,3日で回答がきます。



人気ブログランキングへ


ウチは通常、県内の決めたところでお願いしてますが、時々県外で設立手続きをすると、公証人から直接電話でこの部分をあーしてこーしてなんていうこともあったりします。



株式会社で定型のひな形を使っていれば、それほど修正箇所はないと思います。


ただ公証人によって多少見解の違いがあったりしますので、こっちの公証人はこれは直した方がいいというところが別の公証役場で公証人が変わると何も言われなかったりすることも多々あります。


そして公証人に指摘を受けたところを修正したら定款は完成です。


この後、前回の記事に続きます。



今日の記事はどうでしたか?
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

テーマ : 行政書士
ジャンル : ビジネス

独立開業をお考えの方!

Sponsored links
プロフィール

gyousei2009

Author:gyousei2009
某地方都市の新人行政書士

行政書士事務所の会計にお薦め
Sponsored links
業務に役立つ教材
行政書士の本




















ランキング
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
このブログへのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
14位
アクセスランキングを見る>>
Sponsored links
PR
Recommend
Recommend
rakuten
RSSリンクの表示
忍者admax